スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

供血に行ってきました その2

2012/09/05 Wed

先ずはお願いです

***輸血で命をつなぎとめているワンちゃんがいます***

ジョー君といいます
大型犬(20kg以上)の飼い主さま、供血にご協力願えませんでしょうか?

***時期はジョー君の容態、ご協力頂ける方の頭数によって変わってきます***
いくつかの条件がございますので詳細はこちらをご覧になってください
小型・中型犬の飼い主さま、情報の拡散にご協力頂けませんでしょうか?

追記:ジョー君は自分で血液が作れないようですが、血液をわけて頂ければ生きていけます。
   一時的な処置ではなく長期的な輸血が必要です
   その為、一頭でも多くの協力をお願いしています。


お願いはここまで。



///前記事の続き///

血液検査の結果を待つ間、ご家族とお話しさせていただきました
輸血から日数が経つと、当然白血球も無くなります
ちょっと外に出るだけでも雑菌等を持ち込まないように細心の注意をはらわなくてはいけない
常に着替え、洗い、殺菌の繰り返しです

あちこちの病院を回りサジを投げられた末、それでも食い下がり、川崎の高度医療を行っている病院を紹介されたそうです
この病院で、過去にジョー君と同じ状態だったワンちゃんが輸血を続け、治った例が1例あるのだそうです。
たった1例とはいえ、日本で・世界で1例ではありません
あくまでこの病院だけでも1例はある、という事です

さらに毎朝、早い時間にワンワン呼んで起こされるのだそうです
「おなかすいた~ごはんちょうだい」と。

嬉しい事に私たちが病院に着いたときには、シェルティらしい声でワンワン吠えていました
家族を守らなきゃという気持ちがちゃーんとあるんですね

何処に行っても「この数値でどうやって生きているのか分からない」と言われるそうですが、確かにジョー君は生きているし、吠える、食べる、治療実績もある、だから私たちが先に諦めるわけにはいかないと仰っておられました


つづく・・・
スポンサーサイト

コメント

Secret

泣きそうなお話です

供血っていうんですね。さぞや、飼い主さんは辛いことでしょう。アーサー君のほかにどなたか出てくることを祈ってます。犬の病気や怪我って本当にいたたまれないというか。うちの犬も怪我で薬を塗っていましたが、相当しみたのでしょうね。2週間ぐらい、私から遠ざかっていたぐらいです。餌の時間で呼んでも来なかったり。あ~、痛かったんだろうなと。ジョー君、頑張ってほしいです。

Re: 泣きそうなお話です

lakmeさま
<供血っていうんですね。
私も最近まで知りませんでした! 飼い主さんご家族は希望を持って頑張っておられます。

動物は本能的に弱い所を隠しますが、いっそここが痛い、こうしてくれって言ってくれたらって思っちゃいますね~

プロフィール

だっちょこ

Author:だっちょこ
FC2ブログへようこそ!

いぬたち
らん
lJjzr1Z_VMbPh5P1388124335_1388124354.jpg
2010.8.31


アーサー
cnnnDYQ2JVG03BF1388124404_1388124421.jpg
2012.1.27~2013.6.30


すろっと
1yatea4r9okrWJ51388124120_1388124186.jpg
2013.9.5
フリーエリア


最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。