スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな生活

2013/11/22 Fri

アーサーが逝ってから、なかなか決断出来なかったこと。


来週、こんなの来ます。

おっとその前に、らんの体調は良くなりました。まる一日、泥のように眠り、目が覚めたかと思うとすっかり元気になっておりました。ご心配おかけしました。
・・・でもさっき、この前と同じ近所のお姉ちゃんになでられて、キャンって聞こえたんだよなぁ。
油断は禁物でっせ。

x7ydxn4aW7hkg2Y1385099729_1385100774 (450x338)


残念ながら、というか何と言うか、今度の犬は保護犬では有りません。
ガッカリされた方がいるかもしれませんね。

夏。
友人に、私の好きな犬が「ここにいるよー」と教えて貰い、とある保護団体に申込みをしたのですけれど。
・・・撃沈。

でもそれは、当然の事。
詳細は書きませんが、現在の我が家の家族構成は、譲渡団体が理想とするものでは有りませんから。


優柔不断なタイプでは無いですが、さすがに今回は、脳みそ七転八倒。
自分という人間の本質は何一つ変わっていないのに、環境が、肩書が、変わってしまった。
ちっきしょー


でも、思ったのです。
自分がいつまでも、保護犬に拘るばかりクヨクヨウダウダしていたら、らんもアーサーも悲しいし、つまらないハズ。
愛犬を不幸にするんじゃ、本末転倒も甚だしいじゃないかぁ。
里親になる以外にも、協力出来る事は有るだろう。よし、そうしよう。

そんなわけで、決めました。


アーサーは父性のカタマリで、特に若い犬に対しては、挨拶は上手に出来るかな、喧嘩はしてないかな、泣いてるこはいないかな、親御さん(飼い主)を困らせていないかな・・・と、みんなを見守るのが好きでした。
校長先生って呼ばれてたくらい(笑)

だからきっと、アーサーが喜んでくれる。
そうやって、自分を納得させています。


話は変わりますが、アーサーを保護して頂いた保護団体 シェルティ・レスキューにて、またラフコリーが保護されました。「いっちゃん」といいます。
保護当時、体重たったの15kgだそうです。
よくぞ生きていてくれた、奇跡のわんこ。
預かりボラのももちゃんのブログはコチラ

因みに、アーサーは逝く前1か月間、小型犬なみの食餌量しか取れませんでした。
元々オスのコリーとしては小柄だったと思いますが、それでも最期まで20kgはありました。
いかにいっちゃんが痩せているか・・・


モリモリ食べて目指せ30kg!
新たな幸せな生活が待っているぞー!
願わくば、いっちゃんの胃腸が丈夫で有りますように!!!





私信:
前記事のtv番組名は、Mr.サンデー (11/17)です。
you tubeに有ったので貼っておきますね。
ただし、画質と音声に難ありです。




スポンサーサイト

コメント

Secret

だっちょこさんの様な愛犬家に渋る条件は無いと
思いますが難しいんですね!!
何れにしても幸せに過ごせるワンコが一頭増える事ですから
期待しています。
楽しみにしています。

e shinn心さま

私の希望(わがまま)を1つだけ諦める事が出来れば、門戸は何倍にも広がったはずなんですが、そこは妥協出来ませんでした(滝汗)
凸凹コンビ復活です!

プロフィール

だっちょこ

Author:だっちょこ
FC2ブログへようこそ!

いぬたち
らん
lJjzr1Z_VMbPh5P1388124335_1388124354.jpg
2010.8.31


アーサー
cnnnDYQ2JVG03BF1388124404_1388124421.jpg
2012.1.27~2013.6.30


すろっと
1yatea4r9okrWJ51388124120_1388124186.jpg
2013.9.5
フリーエリア


最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。